【一人暮らし】洗い物が楽!毎日使ってる食洗機、Panasonicプチ食洗NP-TCM4-Wの感想は?

家事

こんにちは。

"食洗機は一人暮らしにも必需品"

わんわんです。

突然ですがわんわんは食洗機を使っています。

食器洗いをするのが嫌いなので、一人暮らしを始めて直ぐに購入しました。

やっぱりストレスになりそうなことは、ちょっとでも改善したいですからね。

悩んだ結果、Panasonicのプチ食洗『NP-TCM4-W』の購入を決意して、ほぼ毎日使っています。

率直に言うと買って大正解でした。

そこで今回の記事では、ほぼ毎日使ってきたPanasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』の感想をまとめてみました。

Panasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』の購入を考えている人はもちろん、食洗機を使ってみたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

f:id:Wanwan08:20210925104308j:plain

スポンサーリンク

Panasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』はどんな食洗機?

まずはPanasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』はどんな食洗機なのか見てみましょう。

  • 洗浄時間約29分の『スピーディーコース』搭載
  • 高温洗浄で手洗いよりもキレイ・節水
  • 分岐水栓式だから、給水は自動で
  • このような仕様の食洗機です。

    それではさっそく毎日使った感想を見ていきましょう。

    Panasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』を毎日使った感想は?

    f:id:Wanwan08:20191219220800j:plain

    使ってみた感想を一言で言うと、やっぱり楽ちんだなぁということ。

    毎日してる洗い物の時間が短縮できるし、洗い上がりもキレイ。

    それに、この食洗機は本体のお手入れも簡単なので手間もありません。

    ほんとに食洗機を買って良かったなぁと実感する日々です。

    その他にも使ってみて感じたメリットやデメリットがあるので、下記でまとめてみました。

    スポンサーリンク

     

    Panasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』を使って感じたメリット

    『NP-TCM4-W』を使ってみて感じたメリットはこちらの4つ。

  • 分岐水栓式だから給水の手間がない
  • お手入れが簡単
  • コースが選べる
  • つけ置きしておけばショートコースで大体キレイになる
  • それぞれ詳しくみていきます。

    分岐水栓式だから給水の手間がない

    プチ食洗『NP-TCM4-W』は分岐水栓式だから、給水を自動でやってくれるので、とても楽ちんです。

    コースを決めてスイッチを押せば、あとは待つだけで、食器をキレイにしてくれます。

    これぞまさに食洗機の便利さですね。

    お手入れが簡単

    この機種はお手入れが簡単。

    洗浄が終わったら、食器類を取り出して残さいフィルターをサッと水洗いと、庫内の残さいを取り除くだけ。

    庫内の水分はフタを開けておけば、自然と乾燥するのでタオルなどで拭き取る必要はなし。

    毎日使ってもめんどくさくないのでとてもありがたいです。

    コースが選べる

    選べるコースは

  • スピーディーコース
  • 標準コース
  • の2種類。

    入れる食器の量や汚れ具合によって選べるようになっています。

    スピーディーコースは最短29分で洗浄が終了するので、朝にチャチャっと洗っちゃいたい時に大活躍。

    油物が多い時や食器の数が多い時は、標準コースでしっかりと洗ってキレイにしてます。

    標準コースは早くて1時間くらいかかるので、お風呂に入っている時などに稼働させてますよ。

    スポンサーリンク

     

    つけ置きしておけばスピーディーコースで大体キレイになる

    わんわんはお弁当を会社に持っていく派。

    なので、毎日お弁当箱を洗わないといけないのです。

    お弁当箱は時間が経っているので、汚れがとても落ちにくくなっていて手で洗うとめんどくさい。

    けど、しばらくつけ置きをしておけば、スピーディーコースでも十分キレイにすることができるので、時短にもなります。

    お弁当箱を毎日洗っている人にとっては、めちゃくちゃ楽になるので、オススメですよ。

    Panasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』を使って感じたデメリット

    『NP-TCM4-W』を使って感じたデメリットはこちらの4つ。

  • 食器の入れ方に工夫が必要
  • 運転中の音が気になる
  • 気温が低いと時間がかかる
  • 分岐水栓の取り付けがめんどくさい
  • 順番に詳しくみていきます。

    入れ方に工夫が必要

    f:id:Wanwan08:20191219221337j:plain

    この食洗機は2〜3人用です。

    なので1人分なら余裕で入れることができます。

    けど、わんわんはちょっとズボラな一面があるので、ついつい洗い物を溜めてしまいがち。

    なので、適当に入れてしまうと全部入らなくなってしまうので、ちょっと入れ方に工夫が必要になってしまいます。

    それに入れ方が悪いと、洗えてない食器も出てきてしまうので、ちゃんと考えて入れなきゃいけないのはちょっとめんどうかな。

    スポンサーリンク

     

    運転中の音が気になる

    動いている時の音はまぁまぁ気になります。

    わんわんの部屋はキッチンが分かれているので大丈夫だけど、ワンルームの部屋だとテレビの音とか、ちょっと聞き取りにくい感じになってしまうかも。

    ワンルームで使うなら、音が気にならないタイミングで運転させた方が良いですね。

    水温が低いと時間がかかる

    この食洗機は60〜70度の温水で食器を洗う仕様です。

    なので冬とかの気温が低い日は、水を温める時間が余分にかかっちゃいます。

    わんわんの体感としては、真冬だとスピーディーコースが約60分、標準コースだと約90分くらいかかるようになるかな。

    それを防ぐためには、お湯を初めから給水する様にすればいいけど、わんわんはまだちょっとそこまでできてません。

    そのうちできたらいいなぁと考え中です。

    分岐水栓の取り付けがめんどくさい

    f:id:Wanwan08:20191219225630j:plain

    分岐水栓式の食洗機には必須の分岐水栓の取り付け作業。

    それに分岐水栓の部品を購入しないといけないので部品代がかかってしまいます。

    水道工事屋さんに頼めば楽に取り付けできたけど、わんわんは自分で取り付けに挑戦したので、けっこう苦労させられました。

    なんとか取り付けは成功したけど、次に取り付ける機会があったら、水道工事屋さんにお願いしちゃうかな。

    スポンサーリンク

     

    Panasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』はこんな人にオススメ

    わんわんがこの食洗機を使ってみて思った、こんな人達にオススメだなぁという人を紹介していきます。

    自炊をしている人

    まず1番にオススメだと思うのが、自炊をしている人。

    やっぱり自炊をするとたくさん洗い物がでますからね。

    洗い物が少なくなれば自炊も続けやすくなるし、なんと言っても楽。

    分岐水栓の工事と設置場所があるなら直ぐにでも、使った方が良いくらい便利ですよ。

    給水に手間をかけたくない人

    タンク式食洗機は置き場所も自由だし、工事も必要無いので、導入するハードルは低いけど、給水がめんどうそう。

    その点、この食洗機なら1度設置してしまえば、給水は自動なので食器を入れてスイッチを押すだけになります。

    初めの導入はちょっとめんどくさいけど、あとあと楽になるので、長い目で見たらメリットは大きいですよ。

    でも、置き場所もそんなにないし工事もできない人もいると思うので、そんな人はタンク式食洗機、一択だと思います。

    あわせて読みたい記事はこちら↓

    www.wanwanblog.work

    水道代を節約したい人

    水道代を節約したい人にもこの食洗機はオススメ。

    この食洗機は手洗いの約4分の1の水の量で洗い物ができるので、水道代の節約になります。

    わんわんも実際、使い始める前より水道代が安くなったので、とても実感していますよ。

    一人暮らしの食器の量ならそこまでじゃないでしょ、と思うかもしれませんが、塵も積もれば山となるですよ。

    まとめ

    今回はPanasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』を毎日使った感想を書いてみました。

    実際使ってみてやっぱり食洗機は便利だなぁと思うことがたくさんあって、買って良かったとつくづく思います。

    みなさんも、洗い物がめんどくさいと思っているならこのPanasonicプチ食洗『NP-TCM4-W』を使ってみてください。

    きっと洗い物のストレスを軽減する事ができますよ。

    それでは今回はこの辺で。

    あわせて読みたい記事はこちら↓

    www.wanwanblog.work

    www.wanwanblog.work

    www.wanwanblog.work